カテゴリー
熱中症

経口補水液について

前回の脱水症の続きになります。

今回は以下の2つについて考察します。

①経口補水液とは何か?

②経口補水液で有名なOS-1とアクアソリタについて。

①経口補水液とは電解質(主にナトリウムとカリウム)と糖質の濃度を調整した飲み物です。

糖質が低い分、アクエリアスやポカリスエットより体内に吸収されやすいです。

また、体内に吸収した水分を保持する作用もあります。夜に水の代わりに飲んだら夜間にトイレで起きる回数が減る事も期待できます。

②一般的な経口補水液にOS-1とアクアソリタがあります。

ナトリウム含有量が多いのはOS-1ですが、その分塩辛く感じることがあり、少し飲みにくいです。

アクアソリタはナトリウム含有量は少なめですが、味が美味しいのが特徴で、塩分控えめなため赤ちゃんでも半分くらい飲ませることできます。喜んでくれますよ(^ ^)

値段はどちらもだいたい500mlで200円前後です。ゼリータイプもありますよ。

(まとめ)

吐き気やめまいを伴う酷い脱水症状には塩分濃度の高いOS-1が良いかと思いますが、そうでないなら味が美味しいアクアソリタの方がおすすめですよ(^ ^)

カテゴリー
熱中症

脱水症について

梅雨が明けて、毎日暑い日が続きますね。

こんな時は脱水症に気をつけたいです。

今回は脱水症について解説します。

脱水症には2つのパターンがあります。

①水分欠乏性脱水

のどのかわき、尿量減少が起こる脱水で、このケースではすぐにお茶、水、アクエリアスなんでも良いので水分とってください。

②ナトリウム欠乏性脱水

のどのかわき、尿量減少だけでなく、頭痛や吐き気、立ちくらみが起こります。頭痛薬、吐き気どめと水やお茶を飲んでやり過ごす方もいますが、ナトリウム不足の可能性を考慮してみてくださいね。このようなケースではナトリウムをたくさん含んでいる経口補水液を飲むと良いでしょう。(OS-1やアクアソリタ)

今回のポイントをまとめると、夏の暑い時や運動後に頭痛やめまいを感じたら、ナトリウム不足の可能性を考えてOS-1やアクアソリタなどの経口補水液を飲んでくださいね。

次回は経口補水液について解説しますね。