カテゴリー
消毒

i-posh

今回はi-poshについて説明します。

i-poshは私の勤めている薬局でも販売していて、私自身も毎日使用している次亜塩素酸です。次亜塩素酸水ではありません。次亜塩素酸水だと濃度は80ppmまでになります。

i-poshは次亜塩素酸の濃度が200ppmあり、専用容器保管で1年程度は使用できます。光に弱いので、光が当たらないところに保管してくださいね。

またi-poshは塩などの不純物や溶存塩素が食品添加物の基準値以下なので、子供が間違って飲んでも大丈夫なくらい安全な除菌消臭水です。手荒れしにくくて、消臭効果も期待でき、ウイルスや花粉などのアレルギー物質やカビの原因菌も除去できる安全性の高い消毒液がi-poshです。

スプレータイプ400ml入りが1320円、携帯タイプ50mlが660円になります。(定価販売の場合、税込)

消臭効果あるのでお風呂場や生乾きの洗濯物、靴、ゴミ袋、排水溝やお掃除の時に我が家では大活躍です。家ではスプレータイプですね。

外出時は携帯タイプを持ち歩いています。

お値段は高いですが、国産の安全で便利な消毒液ですので、お値段以上の価値があると思います。

詳しくはi-poshのホームページ確認してくださいね。

カテゴリー
消毒

次亜塩素酸水について

コロナウイルス感染者がまた増えてきましたね。今回は有効性があるかないか話題になる次亜塩素酸水についてお話しします。

次亜塩素酸水は塩水もしくは塩酸を電気分解してつくられるもので、最大でも約80ppmの濃度になります。(有効性があると報道されているのは35ppm以上です。)

安定性にも問題があり、一般的に期限が短く遮光容器に保管しなくてはなりません。

これだけ聞いたらアルコールの方が良いんじゃないって思いがちですが、良いところもあります。

消毒剤の中では比較的安全なもので、手荒れもしにくいです。使用直後は塩素の臭いがするので、換気している時に使いたいですね。アルコールは手が荒れてしまいます。次亜塩素酸の濃度が高いものはアルコールと同じくらいの消毒効果あります。

次亜塩素酸の濃度を高めて、安定性の問題も解決する(使用期限長い)ものがあれば、良いですよね。実はあるんです。

商品名はi-posh。期限が1年以上あり、次亜塩素酸の濃度も200ppmあります。

次回はi-poshについてお話し致しますね。