カテゴリー
アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラ7話のあらすじと感想

前回と違って今回は薬や病気について分からなくても理解しやすい内容でした。議員の患者さんが、もと議員で現在コメンテーターのTM氏にそっくりで、笑ってしまいましたが…(苦笑)

内容振り返る前に白血病とテオフィリン中毒について説明致します。

白血病

血球をつくる細胞のガンで、正常な血液をつくれなくなる病気。

ドラマの患者の心春は白血病の中の急性骨髄性白血病という病気で、リンパ球以外の白血球・赤血球・血小板になる細胞のガンです。小児に多いというのが特徴です。

医療が発展して、今では60%以上の患者が長期生存できるようになりました。

テオフィリン中毒

気管支を広げて喘息の症状を楽にさせてくれるテオフィリンという薬を飲んでいる患者さんがタバコを吸っている場合、禁煙者よりテオフィリンの消失速度が早くなります。

つまり、テオフィリンを飲んでいる患者が禁煙すると、喫煙時と比べてテオフィリンの濃度が上昇してしまいます。

テオフィリン濃度が上昇すると、めまいやけいれん、発作を起こすことがあります。これがテオフィリン中毒です。

テオフィリンの服用量減らすだけで解決します。

それでは、内容を振り返っていきましょう。

ここからネタバレになります。

作成者: パパ薬剤師

30代のパパ薬剤師で薬局に勤めています。
このブログでは、お仕事や医療について思うことや健康•病気に関して皆さんのお役に立ちそうな事を記載しています。
よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です