カテゴリー
アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラ6話のあらすじと解説

6話では、テーマが2つありました。

①体調不良の原因が分からない患者早苗さんの原因究明(主人公の葵が担当)

②月経困難で受診した患者の遠野さんの服薬指導について(新人薬剤師のくるみが担当)

では、それぞれのあらすじを見ていきましょう。

まず、①について

原因不明の体調不良で入院になった早苗さんを見て、葵を含め多くの薬剤師が、抗生剤の飲み過ぎによる多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。

葵が確認しても患者は何も飲んでいないとしか答えなかった。

瀬野から『ある種の抗生剤服用のせいで起こる可能性のある腸炎のせいかもしれない、患者さんと信頼関係できていないから本当の事言ってないかもしれない、もう一度飲んでいる薬ないか確認してきたら』と指摘される。

情報を集めるため、本人が通っていたと言っていたパッチワーク教室まで足を運ぶものの、通っていた形跡はありませんでした。

情報を集めるため、調剤薬局で働く小野塚に協力を求め、長崎医院という病院でスルタミシリンが処方されて飲んでいたことが判明。ついでに医師が抗生剤出したくなかったものの、患者さんに喜んでもらうためにしぶしぶ出していたことも分かる。

出ていた抗生剤がスルタミシリンひとつだったので多剤耐性菌ではなくクロストリジウムディフィシル腸炎(この記事の冒頭で多剤耐性菌とクロストリジウムディフィシル腸炎について説明しています。)が体調不良の原因と突き止める。

しかし、そのせいで患者さんと長崎医師の関係が悪化してしまい、葵は自分のやってきたことが正しかったか悩む。

物事をはっきり言い、テキパキ動く薬剤師の刈谷から患者に喜んでもらうだけでは救われないと指摘される。

葵は自分のやってきた事に自信を持ち直し、もう一度患者さんのもとへ向かう。

そこに長崎医師も登場して、話あうことで三者の関係に信頼関係が出来る。

次に②について

新人薬剤師のくるみが初めて1人で服薬指導を任される。対象となる患者さんは月経困難で薬を処方された遠野さんという患者さん。

服薬指導後に薬が効かないと電話かかってきたのですが、医師に聞いてくださいとしか答えることできずに電話を切ってしまう。

再度来院してくるみが服薬指導していると、突然遠野が倒れてしまう。

患者さんの薬が効いていないという問い合わせを受けながら誰にも相談しなかったことをくるみが指摘される。

葵と一緒に次の服薬指導に行くよう言われるも、もう少し任せてもらえないかと自分からお願いする。この時くるみは、患者のインスタグラムからお薬が効かない理由がセントジョーンズワート摂取しているせいじゃないかと思っていた。

電話での対応を謝罪して、患者さんとお話しようとするも、なかなかお話できず。

それでも粘り強く対応してようやくお話出来るようになる。セントジョーンズワートのせいで薬が効かなくなっていること、生活習慣を改善して規則正しい生活を送るよう指導する。

感想と考察はまた別の記事で記載しますね。

作成者: パパ薬剤師

30代のパパ薬剤師で薬局に勤めています。
このブログでは、お仕事や医療について思うことや健康•病気に関して皆さんのお役に立ちそうな事を記載しています。
よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です