カテゴリー
快適生活

エアコンの送風機能の活用

梅雨のこの時期のエアコンの臭い気になりませんか?

今回はエアコンの送風機能の活用についてのお話です。エアコンの臭いが気にならない快適な生活を送れるように一つ提案致します。

エアコンを冷房に設定することでエアコン内部に結露が出来ます。この結露がカビを増殖させてしまい、臭いに繋がります。

こまめにフィルター掃除するなら問題ありませんが、職場や業務用のエアコンはなかなかフィルター掃除出来ません。

そこで、冷房使用後にエアコン切るのではなく、次使う時まで送風にしてみましょう。家庭では窓開けたり換気できるので、送風時間は15分程度で良いですが、職場では夜の間密室になるため、送風止めたらすぐにカビが発生してしまいます。

なので、職場では帰宅時に冷房→送風にして朝出勤時までつけっぱなしにしてください。次の朝冷房にしてもほとんど臭いしなくなるので、まずは一回試してもらいたいです。

気になるのは電気代ですが、冷暖房が1時間3円以上かかっているのに対して、送風は1時間0.3円くらいです。

12時間つけっぱなしでも3.6円!

それでエアコンの臭い防げるならコストパフォーマンスは良いと思います⭐︎

皆さん、社員の健康のために、帰宅時にエアコン切るのではなく、送風つけっぱなしにしましょうと会社に提案してみてくださいね。

作成者: パパ薬剤師

30代のパパ薬剤師で薬局に勤めています。
このブログでは、お仕事や医療について思うことや健康•病気に関して皆さんのお役に立ちそうな事を記載しています。
よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です